キャッシングの法律改正による影響について

しばらく前にキャッシングに関する法律が見直されましたが、どういった変化があったと考えられているのでしょうか。キャッシングに関わる法律が変わったことは、それによる問題も起きましたが、結果的にお得な部分が多かったと言われています。
総量規制により、ノンバンク系のキャッシングは、年収の3分の1が融資上限となりました。借りすぎを防ぐことが可能になり、借金総額を抑えることにもつながります。古くから借りている方は、年収を超える借入をしている方も普通にいましたが、現在は借りることはできません法律が見直されたことで、金利を引き下げやすくもなっています。
利息制限法ができたことで、金利は20%までになりました。昔は、29.2%という出資法の金利が上限でしたので、その差を考えると9%も下がったことになります。現在はグレーゾーンでの融資は絶対にないため、以前に借りていた方が現在のキャッシングを利用すると、その金利の低さに驚かれることでしょう。
金利の低さは利息に直結するので、総支払い額を少しでも抑えたい方にとって最適です。昔は高金利とされた消費者金融も、現在はほとんどが18.0%以下の金利となっているようです。一方、銀行は法改正前も後も金利に大きな違いはなく、大体15%程度の融資を受けることが可能です。