私が腸活を通じて腸内環境を整えた方法

“腸活という言葉をご存知でしょうか?これは「腸内環境を整えて健康な体を手に入れるための活動」なのですが、具体的にどこからどう手を付ければいいのか分からない方も多いのではないでしょうか?以前、私は病気を患い入院していた時期がありました。治療のために抗生物質を摂取していたことで、おなかの調子が優れない日々を送っていました。そんな私が腸活を通じて腸内環境を整えた方法をご紹介いたします。

抗生物質は細菌の繁殖を抑える作用があり感染症の対策などに用いられています。しかし、ここ数年の研究で、有益な腸内細菌まで滅亡させてしまうリスクがあることが分かって来ました。その結果、腸内を守る機能が損なわれ毒性の強い微生物が増殖しても腸内細菌で対処できなくなってしまうのです。また、少量の抗生物質でも1回で腸内細菌の3分の1がダメージを受けたり、胎児の腸内細菌の減少にもつながったりするので、安易な使用は控えたほうが良いでしょう。

食物繊維は腸内細菌の栄養であり、これが不足すると腸内細菌がうまい具合に増殖してくれません。対策としては、オレンジ、パイナップル、ブルーベリー、パパイヤ、ジャガイモ、サツマイモなどの食物繊維が多く整腸効果が期待できるポリフェノールを含んだ食材を毎日どれか1つ摂取することが望ましいです。また、ジャンクフードのような食べ物ばかり食べていると腸内細菌の数が減少してしまうので注意が必要です。

森林など植物の多い大自然の大気中には様々な微生物が浮遊しており、それらが呼吸器から腸に入って腸内環境を良好にします。食事以外でも腸内環境を整える方法があることに驚かれたかもしれません。自然との接触を増やすためにも木々の多い場所を散歩したり、休日に公園に出かけたりしてみてはいかがでしょうか?また、近所に自然が少ないという方は、部屋に観葉植物を設置する方法が効果的です。なぜなら、観葉植物は有益な微生物を私達に提供してくれるだけでなく、有害物質を除去する働きがあるからです。

人体に良い影響を与える微生物を含んだサプリメントのことをプロバイオティクスと言います。腹痛や下痢が起こりやすい方、慢性的におなかの調子が悪い方は、試してみる価値があると思います。私は発酵食品の摂取とサプリメントの摂取を併用し始めたことで改善が見られました。

これから腸活を始める方に実践してほしいことについて話してきましたが、腸内環境の改善方法は他にもたくさんあります。まずは前述した方法から試してみることをおすすめします。”