お肌にやさしい洗顔の仕方

朝、起床して洗面台の前で歯を磨いたり、ひげをそったり洗顔等をしますが、今回、私が実践している肌にダメージを与えない洗顔の仕方をお伝えします。
人工成分の洗顔フォームは、顔の汚れを落としますが、肌の保湿に必要な「脂」まで落としてしまい、肌へのダメージを受けるので自然由来の商品にします。
購入する時は、ドラッグストア等で洗顔フォームのパッケージに自然由来の成分が含まれているか確かめます。
次に「洗い方」ですが、汚れがひどいから顔をこすって洗うのは厳禁です.
汚れを落としたい場合は泡立てて顔につけ、泡の力で汚れを落とします。
「吹き出物」がある場合も、優しく洗えば吹き出物にダメージを与えずしっかり洗顔することが出来ます。
手の爪が長いとか、ネイルアートをしているなどの理由で、爪にダメージを与えないようにするには、毛先がとても柔らかい洗顔ブラシを使いましょう。
男性は毎日ひげをそりますが、私も汚れの落とすために洗顔を丁寧にやっています。
でも、思いがけずこすってしまい、肌にダメージを与えてしまうので、普段から、負担をかけない洗顔を心がけましょう。
私が使ってるのはPDCDのソープですが機会があったら一度試してみてね。