豊臣秀吉の指

豊臣秀吉と言えば、太閤秀吉と称される三英傑の一人です。貧しい農民の出身とも言われ、身分の厳しい制度だったにもかかわらず貧民の階層から天下人となるなんて豊臣秀吉はほんとに凄い人間です。そんな豊臣秀吉ですが実は指がろっぽんあったと言われています。
6本目の指とは一体何のことでしょうか?これは「多指症」と呼ばれる先天性の奇病で、手または足の指が多く生まれてきてしまうのです。ちなみに指が少なくて生まれる病気もあります。
多指症を含む奇形種は、親類縁者同士での出産、いわゆる近親結婚をすると誕生しやすいと言われています。現代ではあまり近親結婚はみられません。しかし、その昔は割りとそのような結婚は珍しくなかったようなのです。そのため、奇形児が生まれやすかったと言われています。秀吉もその一人で、本来であれば幼いうちに切除をすることで指の本数を揃えます。しかしながら、それは身分の高く裕福な暮らしをしている家庭の話。豊臣秀吉のような貧しい家を出身としている者にとってはそんな贅沢なことができなかったのです。
この記録はルイス・フロイスの『日本史』や、前田利家の『国祖遺言』などの有名な書物にも記されているようです。ぜひとも豆知識として使ってみてください。