ガラケーからスマホへの業態転換

世の中も様変わりしてあたり前になってきたハイスペックスマートフォン、高速通信のLTE・5G・WiFi・光回線等々・・・
この浸透をバックグラウンドとして今日ではスマホ関係のアプリだけに限らずサービス提供にスタートアップだけじゃなく、会社組織の参加が絶え間なくあります。
けれど1990年代終り頃からのITバブルがはじけて、2000年代に突入したあたり、それこそ俗にいう2.5G・3Gが現れ始めた頃合いにガラケーコンテンツ業者のバブルがあったのを近頃のスタートアップ会社のおおかたはご存じない可能性が高いと言えます。
ビジネス歴から学習することは肝要ですが、テキストには書かれていません。 1999年に開始されたNTTドコモによるiモードを契機に着メロ・待受画面・占いなどの中味提供でマーケットは一躍大流行しました。
各ケータイ会社(キャリア)はオフィシャルサイトと一般サイトとを区別し、公式サイトを目指すためのインスぺクションを合格したなら、ケータイ会社がコンテンツ費用の決済を携帯電話料金と一緒に回収してくれるといった代金収納代理のたまものもあって、ドカ~ンとマーケットはステップアップしていくというわけです。
ふたたび2003年頃からは通信速度が進歩を遂げ、PCのスペックも進歩を遂げていき3Gがスタートします。
ここでは着うたやデコメ、映像サービス等のマーケットが本格化して行く。
この際のマーケット進化と時を同じくして証券取引所に上場した携帯端末コンテンツプロバイダーが無数にいたんです。インデックス、MTI、ドワンゴ、 サイバード、ザッパラス、ジー・モード、フォーサイド・ドット・コムというような事業体です。
現下でいうところのスマホアプリ関連会社の大評判と似て、そういった業者はその時点でマーケットでも割高なPERを誇り、この先のマーケット成長をものすごく求められていたんです。
こういった栄華が半永久的に継続するかと考えられていました。 そういった事業体はマーケットがスマホへと転換する中、業態の変化はスムーズに行ったのでしょうか。
【PR】増大サプリ おすすめ