自己破産がおすすめな人

自己破産はなによりもまず、今後返済の目途が立たない方のための制度です。多くの自己破産者は多重債務者です。借金を借金で返して、もうどうにもならなくなった方が、自己破産を決意します。免責不許可事由というものもありますが、過去に射幸行為または過大なる浪費があった場合にも、よほど悪質でもないかぎり、自己破産はみとめられていますし、弁護士費用もそう高くありません。
払えないときも、分割契約してくれます。自己破産すると無一文になると勘違いされている方も多いですが、そうではなく、自己破産とは国が用意した、再び新たなスタートを切るためのセーフティネットです。
選挙権もなくなりませんし、年金もうけとれます。自己所有の不動産でなければ、そのまま住めます。物価が高く、東京と同じように何かと費用がかさむ千葉。それが原因なのか債務整理の手続きも多いので、債務整理について知ってもらう為、体験談と質問をまとめました。私は当時40代で結婚しており、子供も居ました。
仕事もそこそこでした。子供と妻を養っていけるだけの生活費を稼ぐことができていましたが、リーマンショックの影響で仕事が激減。給料も減らされ仕事量が減ったことにより残業も無い会社に就職し、結果としてリーマンショック前と比べて半分程度の収入しか得られなくなっていました。それからというものの、収入が少なくなったから質素な生活をする。
そうやって切り替える事すらできず、足りない分はクレジットカードやキャッシングで補えば良いと、完全な見栄だけでカードに依存し始める用に。そうして借金は増え、毎月11万もの返済をしなければならなくなりました。家族がいる手前基本の生活費を抑える事もできず、唯一の蓄えであった生命保険すら解約する羽目に。
そんな状態である日、インターネットで個人的な調べ物をしていたときに、偶然法律相談所についての記述を見つけ、吸い込まれるようにクリックし、読んでみた所借金相談は無料だという事を知り、早速相談することに。そこで司法書士さんと出会い、相談を聞いてもらった結果、現状から可能なのは任意整理と自己破産と言われました。
詳しく説明を聞いた結果、流石に妻と子もいるため自己破産で財産を失うわけにもいかず、任意整理ですすめることに。そして様々な交渉の末、和解契約書が送られ、なんとか最低限の生活を送ることができる程度の返済額となりました。自己破産 メリット